読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみの外見が好きだ

それに、わたしが知る限りのきみの内面が好きだ

回顧記録

2007年頃、気に入って見に行ってた男性のダンサーがいた。名前が売れているわけでもなく、時々ミュージカルに端役で出演する人だった。
しばらく見に行かないうちに彼は表舞台から姿を消して、田舎に帰っていた。細々とでも見に行けばよかったという後悔を引きずったまま、ここ数年はその後悔からも目をそらして過ごしていた。

心の奥の奥にしまっていたその古傷をどうにかしなければ、と決意したのは、気まぐれプリンスさんのせいです。*1
2ndアルバム特典のINNOCENT BOYSで見たぷんちゃんの舞台姿が、あまりにも彼に似ているから。ぷんちゃんを見ると時折彼を思い出してしまって、しんどかった。しなやかな踊りもすごく似ているから、むすめん。のかわいらしい曲ならぷんちゃんをぷんちゃんとして見ることができるのに、虎視眈々などのカッコイイ系の曲だと絶対に彼を思い出してしまって、あの後悔がよみがえって、とても辛かった。


そんな自分の感情を供養するため、昨年秋に、彼の舞台を観た思い出の劇場めぐりをしたのです。



 その1 東京芸術劇場 中ホール

ミュージカル 『FAME』

f:id:greenpinkviolet:20170120101842j:plain

初めてミュージカルを観て、アンサンブルの彼に惚れ込んだ場所。
観に行ったきっかけは今は亡きMA(Musical Academy)の4人が主演だったから。そして宝塚OGの方が出ていたから。
それなのに、どこのだれだかわからない彼から目が離せなかった。
役名もないし台詞もほとんどないのに、しなやかなダンスの彼がとても魅力的で、初めての観劇が楽しくて楽しくて仕方なくて、その日は興奮して眠れなかった。
初見の三日後に奇跡的に当日券で観れることになって、2回目を見に行った。
1回目に買い忘れたパンフレットを買って、客席で彼の名前を確認した時のこと忘れられない。


その2 シアターアプル……の跡地

『メモリーズ ~かつて過ごし日々を愛でるというコト~』

f:id:greenpinkviolet:20170120101710j:plain

彼にちゃんとした役がついたミュージカル。
新作のオリジナルミュージカルだから構成が荒くて、設定とか楽曲とか文句つけたいところ沢山あった舞台だけど、出演者の若いパワーが楽しかった。主演の東山義久さんがかっこよかった。エンディングで東山さんと彼が組んで踊るの素敵だったな。クールキャラの演技、エクステつけた髪型、かっこよかった。


その3 アトリエフォンテーヌ……の跡地

『junkie sista VS junkie bros』

f:id:greenpinkviolet:20170120101451j:plain

f:id:greenpinkviolet:20170120101538j:plain

もう跡形もないんだな 笑
オリジナルで評判よかったjunkie sistaの男性Ver.であるjunkie brosに彼が出演。大好きだった作品。
ぶかぶかの特効服で、可愛く切ない笑顔の水川役が、大好きだった。お兄さんたちの隣りでニコニコとバイクに乗る演技*2を今でも覚えてる。
クライマックスに感動シーンのある役で、泣きながら観た。
コタニキンヤさんのファンが結構な割合いて、終演後の出待ちもコタニさん大人気だった。
この舞台のせいで、今でもWSSのトゥナイト聴いてもつらーいつらーいこわーいこわーい♪って替え歌が脳内再生されるし、RENTのseasons of love聴いてもギャッツビー~♪ってフェイクが頭をよぎる。
オリジナル曲のCDは今でも聴いてる。


その4 日生劇場

ミュージカル『ウェディング・シンガー

f:id:greenpinkviolet:20170120101915j:plain

ウェディングシンガーの初演、めちゃくちゃ楽しかったなぁ…2枚だったチケットが初見のあと6枚に増えた。
初見の時、オープニングでアンサンブル数人が後ろ向きに立ってるのを見て、1秒で彼だってわかったときの興奮。
オープニングナンバーのリフトで毎回顔が必死な彼を毎回心の中で応援した。
どのナンバーもめちゃくちゃ楽しくて、実力に差はあれども出演者全員が魅力的で、目が足りないってこういうことなのねって実感。
お金の歌、シングルの歌、化粧室の歌、全部好き。
楽屋口までバレンタインのプレゼント持っていったり、入り待ちしようと思ったのに寝坊したり、終演後に一緒にご飯食べたり、楽しかった。


その5 武蔵野芸術劇場

『心華 -shinka-』

f:id:greenpinkviolet:20170120101609j:plain

f:id:greenpinkviolet:20170120101635j:plain

彼が主催してたユニットの公演。
歌も芝居も荒削りで、手作り感満載で、商業的には多分ダメだったと思うんだけど、ファンとしては楽しかった。
彼自身が振り付けたダンスを間近でたっぷり観られる幸せ。
お見送りで言葉を交わした時、舞台化粧の彼は美しさがカンストでテンパった。
衣装が薄かったこともあり、その超人的なスタイルに慄いた。細すぎるし顔小さすぎるし、私と身長同じくらいなのに私よりふたまわりは細かった…








と、いうことで、思い出巡りをしてきた。
完全に自己満足だけれども、ほったらかしてた気持ちを供養できたことで、トラフィックライト。を心から楽しめるようになったのでよかったよかった。*3

*1:すいませんぷんちゃんのおかげです

*2:ちなみにエアーである

*3:実はトラライのかっこいい智哉くんを直視できなかったんだよう…OAの時も見たら泣きそうになるからわざと視線を外したりして…ごめんなさい